ボストンテリア

ボストンテリア

ボストンテリアというと犬は1880年頃に ブルドッグとテリアの交配によって生まれたアメリカ原産の犬種です。

最初は大型犬でしたが、何度か小型犬との交配を繰り返し体高40p以下、体重10s以下まで小型化されました。
成犬時の体重はオスで約7.0s前後、メスで約6.5s前後です。

ボストンテリアも、他の犬種同様とても知能が高くて賢明な犬です。
ブルドッグやボクサーの血を引いたボストンテリアは、
もともと闘犬目的でで作り出された犬ですが、
落ち着きがあり闘争心を無暗に出さない犬種なので
飼いやすい犬の仲間に入ります。

ボストンテリアを飼っている人によると、魅力は容姿にあるそうです。
艶のある短い被毛は、
黒とホワイト・マーキングの組み合わせが大きな特徴です。

まるでタキシードを着たかわいい紳士のような容姿がたまらなく良いそうです。
「おむすび顔の小坊主」のようなところが良いという人もいます。

黒く大きな瞳に、ペチャトつぶれた鼻が特に印象的で
飼っている人にはそれがとても愛らしく魅力的だそうです。

ボストンテリアは、
室内犬としてでの飼育に適していることも魅力の一つだそうです。

ボストンテリアは骨格がしっかりとしており、身体は小さな頃から丈夫ですが、
短い披毛なので夏は涼しそうですが、暑さに弱いので、
特に真夏の暑さには気をつけて、室温を調節してあげる必要があります。
ただトリミングの必要はありません。

ボストンテリアは、最近人気が高まっていますが、
ボストンテリアのブリーダーは少なく、JKCでの登録数も少ない犬種ですので、
購入される場合には信頼のおけるブリーダーから
買い求めることを強くお勧めします。

ボストンテリアのしつけなら
>>>遠藤和博の犬のしつけ講座をご覧ください。

Topへ