犬のしつけ噛みぐせ

いぬのしつけ噛みぐせ

犬のしつけの中でも「噛み癖」で困っている方も少なくないものと思われます。

愛犬が噛む行為をするのは時期的なものもあります。

乳歯から永久歯に生え変わる頃には歯がむずがゆくて
人にじゃれて噛む行為する場合が多いです。

この時期にしっかり教えることが大切です。
犬用のガムなどを与え、それを自由に噛ませることも必要です。

万が一じゃれている時に、強く噛んできたら、はっきり態度で示しましょう。

「痛い」「ダメ」と強く言うことで、噛むことは悪いことだと教えます。

親犬がよくやる行為ですが、
強く噛まれた時、首を持って裏返しにし動けないように押さえつけて、
「ウー」とか「フー」とか目を見て注意を促す行為も効果的です。

これらの噛み癖も
子犬のころからいろんな人と接し、信頼関係を築くことである程度防げます。
子犬のころから、
噛んでいいものと、噛んだらダメなものの違いを教えてあげることも大切です。

やはり躾は人間の場合も同じですが小さいころからきちっとするべきです。

子犬の時は、噛まれても、そんなに痛くないので、甘やかしがちですが、
噛んではいけないものに噛みついた時には、すぐ注意しましょう。

人間以外にも、家具や椅子に噛みつく犬がいますが、
そのような場合もはっきり悪いことだと教えるようにしましょう。

このように、
繰り返し繰り返し愛犬に噛んでよいものと悪いものを教えておきましょう。

また 「躾は子犬の時から」が原則です。
必ず小さい時から教えておきましょう。

◆噛み癖で困ったら ↓ ↓ ↓
■噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法■
ご覧ください。

Topへ