犬のしつけ散歩のポイント

犬のしつけ散歩のポイント

犬のしつけで、散歩に関して間違った常識を持っている方がかなりいるようです。

「うちの犬は、時間になると散歩を催促するおりこう犬なんだよ」
こんな会話をよく聞きますね。

 

これって「おりこう犬」なんでしょうか?

 

時間になると尻尾を振って愛嬌たっぷりと要求してきて、
これに応じていると、とんでもないわがまま犬になってしまいます。

 

リードをくわえて、お散歩を要求する犬の本心は、
「おい、散歩の時間だぞ、早く用意しろよ」
といった感じです。

 

このように、散歩の要求に素直に応じていると、
とんでもないわがまま犬になってしまうのです。

 

そうならないためにも、
散歩の要求は、無視することもしつけ上大切なことなのです。

いぬのしつけ,あま噛み,ドッグフード,ペット,愛犬

また、散歩に行って飼い主をぐいぐい引っ張っている光景をよく見かけますが、
これも完全に主従関係が逆転している証拠です。

 

この飼い主をぐいぐい引っ張る行為をなくす方法は、簡単です。

 

まず、リードを緩めにし、犬が前に出ようとすると、反対方向にグイっと引っ張り
力ずくで飼い主の行きたい方向に連れて行きます。

 

この行為を、繰り返し行っていると、
自然に飼い主の前には行かず、飼い主の横について歩くようになります。

 

この時のコツは、決して目を合わせないようにすることです。

 

このように、犬のしつけは、
◎犬の習性をよく知り、飼い主が常に犬のリーダーだと思わせることです。

 

犬は、リーダーには絶対服従する習性をもっています。

 

子犬の時から甘やかすことなく飼い主がリーダーで
家族も犬よりも上だということをよく教えておくことで
愛犬も飼い主も互いに幸せな日々を送れるようになるのです。

 

◆犬の習性を知り正しい犬のしつけ方を学ぶなら
■ 英国式犬のしつけ術 ドッグトレーニングをご覧ください。

Topへ