いぬのきもちを考えた霊園-1

いぬのきもちを考えた霊園-1

ペットブームの昨今日本全国に見られるようになったのが、ペット霊園です。

ペット霊園とは、文字とおりペットの霊園・お墓でペットがなくなったときに供養する施設です。

 

 

火葬場もあり(合同葬・個別葬・立合葬等)などが行われています。
お墓に遺骨を納骨でき、また共同の供養塔がありそこに遺骨を納骨する方法も選べます。

 

ペットも家族の一員とした生活様式になりつつある現在、
家族同然のペットが亡くなったときの見送り方も変わってきています。

 

ペット霊園もさまざまなサービスの違いもあり、
事前に施設の状況やサービス内容もよく調べておくべきです。

 

ペットが亡くなった時の寂しさを少しでも和らげてくれるのも、
ペットの霊園で葬儀をし、火葬をし、これらの順序をふまえて現実を見ることにより、
孤独感も徐々に和らいでいくのです。

 

ペット霊園は、ほとんど宗派を問わずに利用できます。
ペットの葬儀も最近ではお金をかけ手厚く弔って上げる傾向にあります。

 

葬儀もいろいろなスタイルがありますが、
自分の生活スタイルにあわせて考えるのがよいでしょう。

 

ペット専用の葬儀会社やペット霊園のサービスや内容はよ〜く調べた上で選ぶのが賢明ではないでしょうか。
文字彫り代金無料!【お庭やペット霊園にお勧め!】天然御影石製! ペットのお墓【ジョン】お...

いぬのきもちを考えた霊園-2

ペットブームの中ペット霊園が増えています。

 

中でもペット用の共同墓地を利用する人が増えつつあります。
ペットを飼っていればいつかは可愛いペットとお別れしなければなりません。

 

そん時可愛いペットを
どのように埋葬するかを事前に考えておかなければなりません。

 

ペットの葬儀やペットの霊園を選ぶうえで重要なことです。
ペットの葬儀や霊園も種類も多くサービスも様々です。

 

まずは、いぬのきもちを考えた飼い主の希望がとおるペットの葬儀社や
ペットの霊園を選ぶのが基本になります。

 

ペットが死んだ場合昔は近くの畑や山や河原に埋葬していましたが、
最近は衛生面からもそのよな場所に埋葬することもできなくなり、
ほとんどが火葬でペット専用の霊園や共同墓地に埋葬するのが普通です。

 

また自治体もこのような事情を配慮して、
ペット専用の焼却炉がある公設斎場を備えているところが増えつつあります。

 

ペットの埋葬場所としてペット専用の霊園もありますが、
そのペット霊園も個別墓地と共同墓地にわかれています。

 

個別の永代墓地を希望する人もいますが、
永代墓地は価格も8万円以上かかり、毎年の管理費もばかにならないので、
共同墓地を希望する人が圧倒的に多いそうです。

 

この共同墓地は、ペット専用の葬儀社が運営していたり、
お寺や霊園と提携して他のペットと一緒に埋葬してくれるようです。

 

お参りも自由に行け、お花やお線香を添えてお参りできるので、
費用の面からも個別墓地よりかなり安くあげられます。

 

Topへ