いぬのきもちを考えたお葬式

いぬのきもちを考えたお葬式

ペットブームの昨今、ペットが亡くなった時の処理方法として行われる
ペット火葬の費用も気になるものです。

費用はペット火葬の種類やペットの種類によって代わってきます。
まずペット火葬の種類には、主なもので、
個別葬・合同葬・自宅葬・お立合い葬などがあります。

◎個別葬とは、
個別に火葬場にペットを持ち込んで火葬してもらう形式です。収骨も可能です。

◎合同葬とは、
他のペットと一緒に火葬され、収骨や火葬に立ち会うことはできませんが、
費用は個別葬よりも割安です。
また火葬料金は、ペットの体重や大きさによっても変わります。

◎自宅葬とは、
自宅に火葬車を持ち込み自宅で葬儀をやる形式です。
葬儀代金は、個別葬・合同葬に比べ割高になっています。

◎お立合い葬とは、
人間の火葬場で火葬をしてもらい、収骨も可能な形式です。

ペット火葬の費用の一例をご紹介します。

極小動物(インコやハムスターなど)は、8,400円前後。
小動物(モルモットやフェレットなど)は、12,600円前後。

5kgまでの小型犬(マルチーズやヨークシャテリアなど)
猫、うさぎは21,000円前後。
15kg以内の中型犬(柴犬やコーギー・バグなど)
猫(大)は26,250円前後。

25kg以内の準大型犬(柴犬(大)・シェルティーなど)は
31,500円前後。
35kg以内の大型犬 (ラブラドール・ハスキー・ゴールデンなど)は
42,000円前後。

火葬料金には斎場使用料(お立会い料)、
骨壺、カバー、消費税が含まれます。
以上一例ですが参考になられたでしょうか。

Topへ