いぬのきもちを考えた火葬

いぬのきもちを考えた火葬

ペットを飼っていて、どうしても避けられrないものにペットの死があります。 動物の寿命をみれば飼い主よりペットが先に亡くなるのは避けがたい事実です。
ペットも犬や猫の場合事前の準備や心構えも必要でしょう。

ペットブームの現在、最も多く用いられていいる方法が火葬です。

長年家族の一員として過ごしてきた
ペットが旅立つとき、ペットの存在をいつまでも忘れることなく、
丁寧に見送ってあげるのも飼い主のつとめではないでしょうか。

人間のように墓地に遺骨を埋めるように定められた墓地埋蔵法は
ペットの場合ありません。
よってそれぞれペットの飼い主が葬る方法を決めなければなりません。

ペットが亡くなりペット火葬を行う場合は、
専門のペット火葬業者がありますので、
そちらに依頼して埋葬してあげるのも良いでしょう。

最近では移動火葬車というものがあり、自宅まで出向いてくれ、
近所にも十分配慮された火葬サービスもあります。

また民間の業者以外にも自治体でペットの火葬を行ってくれるサービスをしている
自治体もあります。
最近では珍しくなくなったペットのお墓もあります。

またペットの火葬には、個別火葬と合同火葬があります。

個別火葬は、
ペットを個別に火葬するサービスで、ペットの遺骨を拾うことができ、
ペット専用の墓地に埋葬できます。

合同火葬の場合、
ペットを何匹か一緒に火葬し遺骨は共同墓地に埋葬されます。

ペットを飼う場合
これらのことも考慮の上飼うようにしなければならないでしょう。

また最近では、ペットが亡くなった年には喪中はがきを出す人も現れ、
それ専用の業者もあるようです。
喪中はがきを出す気持ちはわかりますが、
出す相手は、よく考えたほうがいいでしょう。

Topへ