ペット保険-2

ペット保険情報

ペットブームのこんにち、
ペットの寿命も延びペットの病気や怪我にかかる医療費も増えています。

そこでもしもの時に安心なのがペット保険です。
しかしペット保険っていくらぐらいかかるのでしょう。
おおよその相場を調べてみました。

金額の前に加入できるペットの種類はどのようなものがあるのでしょうか。
犬、猫はもちろんですが、鳥やフェレット、りす、うさぎ、ハムスターなども加入できる保険もあります。

また年齢制限も各社保険により違いがはっきりしています。

犬、猫で8歳〜11歳ぐらいが一般的です。
保険によっては、犬、猫がよくかかる症状で治療や診察や投薬を受けても
保険保障適用外の場合もありますので加入時によく調べておきましょう。

ペット保険で一般的に保障対象となっている症状は、
下痢、嘔吐、皮膚病、外耳炎、口内炎、寄生虫などです。

ペットブームによりペット保険も数が増えています。

従来の無許可共済ペット保険のほかに現在注目を浴びているペット保険が登場しました。

それは日本初金融庁が認可したペット保険です。
主なものは、アリアンツ火災海上保険株式会社のペット保険で、
てん補割合が100%の「スーパー100プラン」、
てん補割合が70%の「スーパー70プラン」、
てん補割合が50%の「スーパー50プラン」の三種類のプランがあり、
それぞれ犬用と猫用があります。

ペットにかかる医療費も年々上昇傾向にありますが、医療費は、
ペットの種類やかかっている病院やペットの症状により大きく異なります。

一般的にペットにかかった年間医療費の平均は犬が5万円、猫が3万円だそうです。

シンプルでわかりやすい3つのプラン!ペット医療保険
【ペッツベスト】のペット医療保険
2012ペット保険年間人気商品ランキング第1位!!!


Topへ