いぬのきもち&しつけ

いぬのきもちと病気A「ジステンバー」

狂犬病の次に気をつけなければならない犬の病気としては「ジステンバー」が上げられます。

ジステンバーも、狂犬病と同じく致死率がきわめて高いウイルス感染症として諸外国で猛威を振るっていた病気です。

 

現在は、予防ワクチンが1960年代にできたお陰で感染・発症・死亡する犬たちも激減しました。
このように犬のきもちを考えたウイルスワクチンの開発で愛犬たちの寿命も延びています。

 

ジステンバーウイルスは、感染した犬の唾液や鼻汁などが飛まつしたり、
感染したいぬのおしっこやウンチを舐めて感染します。
感染すると一週間前後で発病します。

 

まずウイルスはリンパ組織に入り白血球を破壊し、
そのため免疫力が低下し、細菌に感染し肺炎や腸炎などを発生します。

 

ウイルスは脊髄や脳神経細胞に入り麻痺や痙攣などの発作を引き起こし、
感染するとほとんどが一ヶ月半ぐらいで亡くなります。

 

このように発病すると死亡率の高いウイルス感染症です。
ジステンバーウイルスの感染を防ぐには、ワクチンによる予防接種が第一です。

 

予防接種の回数や時期のポイントもしっかり押さえておきましょう。
免疫力の弱い子犬の時には、
動物病院の医師の指示に従い予防接種の回数・時期を守りましょう。

 

免疫力のない子犬は、
このジステンバーウイルスに感染するとかなりの確率で死亡するので、
可愛い愛犬には、予防接種を忘れないようにしましょう。

 

またワクチンが効きにくい新種のジステンバーウイルスが
野生動物から愛犬に感染する可能性も考えられます。

Topへ