いぬのきもち&しつけ

いぬのきもちと病気@「狂犬病」

いぬのきもちを考えたら病気は避けて通れないものです。 いぬの病気でまず頭に浮かぶのは狂犬病ではないでしょうか。

狂犬病は、死亡率の高い病気で
人間をはじめすべての哺乳類や鳥類に感染する病気です。
もし発病すると、まだ治療方法がわからない恐ろしい病気です。

日本では、1956年を最後に確認されていませんが、
海外では狂犬病は多くの事例が確認されています。

最近のペットブームで海外からいろいろな動物が輸入されているので
油断はできません。

ただ狂犬病は、予防注射さえちゃんと打っていれば、大丈夫なので、
いぬのきもちと可愛い愛犬のためにも
必ず予防注射は定められた期間でやりましょう。

狂犬病はウイルスで感染します。
ラブドウイルスの一種でいぬに感染する確立が高いそうです。

一度この狂犬病のウイルスに感染すると1〜2週間で発病します。
狂犬病を発病すると異常行動を多く取ります。
例えば狼のような遠吠えをしたり、狂暴になります。

むやみやたらに噛みついたり、無意味に地面を掘り出したり歩き回り
よだれをダラダラ流すようになったりといった異常行動を行います。

噛み傷から狂犬病のウイルスは侵入し
神経系を通って脳神経組織に入り発病します。
感染の速さは一日に数ミリから数十ミリだそうです。

日本ではここ50年あまり狂犬病の発病は確認されていませんが、
最近ではアジア諸国やロシアからの船に乗っている犬からの感染も
心配されています。

中国やインドネシアでは狂犬病の発生が多く、
日本では水際で狂犬病を食い止めているのが現状です。

たとえ狂犬病の犬が日本に入ってきても
予防注射をしっかり実行していれば大丈夫なので、
必ず愛犬にはいぬのきもちも考えて予防注射を受けましょう。

Topへ