いぬのきもち&しつけ

いぬのきもちとしつけ

いぬのきもちを考えたしつけとは?

いぬのしつけ,あま噛み,ドッグフード,ペット,愛犬



いぬは元来リーダーには忠実だといわれています。

野生の犬の中では、リーダーの言うことを聞かないと、
時には命の危険にさらされることもあるので絶対服従が当たり前です。

ですから犬のしつけをする場合、
まず飼い主がリーダーであることをはっきりわからせることです。

飼い主がリーダーであると認めると
犬は持ち前の忠誠心で飼い主の言うことをきくようになるのです。


しかし最近のペットブームの中では、
犬をしつける場合、どうしても甘くなるようです。

しつけは、何も厳しくする必要はありませんが、
愛犬が混乱しないように、良い、悪いをはっきり教え、どのような場合でも、
悪いことは悪いといった態度を崩さないことです。

ダメなときはハッキリ叱り、良い時は徹底的に褒めてやることです。

飼い主と愛犬の主従関係が逆転すると
飼い主にとっても愛犬にとってもストレスです。

犬は自分がリーダーだと思うと群れを守るため精神的なストレスに冒され、
実際の野生の犬のリーダーも短命だそうです。

愛犬をそのようなストレスから守るためにも、
子犬のうちから主従関係をはっきりと認識させてあげることです。

また群れの中(家族の中)での順位付けも大切なポイントです。

子供がいる場合、
順位が子供より下だとはっきり認識させておかないと
子供に攻撃的な態度を持つようになります。

食事も家族が済ませてから与えるなども大切なポイントだということを
忘れないようにしましょう。

つまり、犬のしつけのポイントは、主従関係をはっきりさせるということですね。

犬のしつけトイレ編

トイレはいぬのしつけでは、最も重要視されるポイントではないでしょうか。


いぬという動物の習性はトイレの場所と寝る場所を分けて生活するという習性があります。

この習性を利用すれば比較的楽にトイレのしつけはできるものです。

犬は普通、目覚めた時か、食後にトイレに行く習性があります。

その時ソワソワしだしたら「おしっこ?」
「うんち?」と聞いてあげトイレに誘導すればいいのです。

我が家のトイプードルの場合、ウンチの時は、ぐるぐる回り始めます。
このように愛犬の癖を見つけるとトイレのしつけは比較的しやすいです。

もちろんトイレの場所は、いつも決まった場所に決めておかなければなりません。
またトイレの場所に尿の臭いを残していくのも方法です。

トイレの場所を決めたら、
そこでちゃんと排泄した時は、必ず大げさなくらいに褒めてあげます。

違った場所に排泄した場合は叱ってもあまり効果はありません。
犬には、叱られても理解できないからです。

「トイレで排泄する→ほめられる→うれしい→また誘導された場所でする」と認識します。
このパターンが確立すれば、もう安心です。

犬にも個人差がありますが、早い犬で1週間後、
遅い犬でも2〜3か月もすればトイレはトイレシート上でするものと認識します。

万が一トイレシート以外で排泄した場合、
決して叱らないでください。叱っても理解できません。

それより消毒液などで臭いを消すことが大事なことです。
ご存じのように犬は臭覚が鋭いのでまたそこに排泄する可能性があるからです。

トイレのしつけで最大のポイントは、

決められた場所でうまく排泄できた時に
少々大げさなくらい褒めてやることです。


◆無駄吠え◆噛みぐせ◆トイレのしつけで悩んでいるなら
お利口犬へのしつけ法をご覧ください。

Topへ